どの設備を入れるか、それをどう配置するかという事も重要!

間取りと採用する設備の洗い出し

家造りにおいては、建物の設計もさることながら、いかに住んだ後の生活動線を考えて間取りに落とし込むかや、実際の家族の生活にあった住宅設備を取り入れるかといった点が重要なポイントです。前者についてはノウハウ本などでそのように説かれているものも多いため、意識している人はそれなりにいるようですが、後者については住宅設備の多くはあって当たり前のものが多いということもあり、そのグレードやプラスアルファの設備などについてあまり深く考えずに決めてしまう人も多いようです。しかしながら、住宅設備は生活の利便性を左右するものであり、選択によってはせっかくの新生活が思っていたような快適なものにならないものになりかねません。たかが設備と侮ることなく、時間をかけて入念に検討することが必要です。

自分に合った住宅設備の検討の仕方

では、住宅設備を検討するにあたってはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。これについては、現状と思い描いている新生活とのギャップを分析してそれを埋める作業を行うことが肝要です。例えば、現在の生活において利便性に満足している設備があれば、新居でもそれを取り入れるようにすると良いでしょう。一方で、機能に不足を感じている設備については、グレードを上げることを検討すべきです。また、現在は備わっていないがあったら便利そうな設備がないかについても、積極的に情報収集することが重要です。特に全館空調や太陽光発電など最初に取り付けておけば快適な生活を助けてくれる設備は意外と盲点となりがちですので、建設会社の担当者に導入できる設備をリストアップしてもらって、不要な物を落としていくといったやり方などで漏れを防ぐことがポイントとなります。

© Copyright House Making Ideas. All Rights Reserved.