登記や印紙などといった雑費

家造りには雑費もかかります

家造りで最も悩まされるのがそれにかかる費用です。理想的な家を作るためにどれくらいのお金がかかるのかは、家を作る人であればだれもが悩む種と言えます。家造りには様々な費用がかかりますが、中でも見落としがちなのが登記や印紙などといった雑費です。家が完成しますとその家の持ち主を公にするために不動産登記という手続きをしなければなりません。そしてこの手続きの際に国に納める税金が登録免許税で、この費用がまず掛かります。またこの登記は一般の人でもできますが、提出書類などがあり事務的にかなりの負担となります。そこで専門家へ登記の手続きをお願いすることが一般的となっていますが、その場合には専門家への手数料の支払いも発生します。さらに建築契約時やローンを組む場合のローン契約時には印紙税も発生してきます。このほかにももろもろの諸費用が掛かってきますので、あらかじめ把握しておきましょう。

費用額は概ね建築費用の10パーセント

具体的な費用額は、まず登録免許税が固定資産税評価額の0.15パーセントとなっています。ただし長期優良住宅や低炭素住宅の場合には固定資産税評価額の0.1パーセントとなります。印紙税については1000万円から5000万円までの建築契約の場合は1万円(住宅ローン契約の場合は2万円)、5000万円から1億円までの建築契約の場合は3万円(住宅ローン契約の場合は6万円)などとなっています。このほか不動産を取得した場合にかかる不動産取得税については固定資産税評価額から1300万円を控除した額の3パーセントとなります。こうした雑費の費用を計算しますと総額でだいたい建築費用の10パーセント程度となりますので、とりあえずはそれを目安にすると良いでしょう。

© Copyright House Making Ideas. All Rights Reserved.