様々な世帯に適した間取りをご紹介!

間取りは家族の暮らし方を考えて決める

まず家づくりのスタートは、家族のスタイルがどうか考える必要があると思います。夫婦の仕事や、家族の趣味、子供達にどう育ってほしいかなどなど。そこから自分達家族に適している間取りのイメージが出来てきます。家族団欒を重視するならばLDKを広く充実させたものにすることや、個々のプライベートを重視するならばLDKは必要最小限の広さに抑え個々のプライベート空間を充実させる、趣味が多い家族ならば収納や玄関脇に土間物入れなどです。ですので家づくりのスタートは家族が今どう暮らしているのか、そして今後将来どう暮らしていきたいのかをみんなで意見を出し合いイメージして実現していく必要があります。楽しみながら考えていきましょう。

適した間取りの考え方は世帯によりさまざま

全世帯が共通して適しているなと感じる間取りは無いと思います。それは各世帯がさまざま事情も違うし、生活スタイルも違う。これまでさまざまモデルハウス、建売物件を見て各メーカーに説明を受けてきましたが、「一般的には~」などと言って売り込んでくる業者さんも沢山ありました。しかし、会って間もない営業の方は、自分の生活スタイルや事情は分からない。その人達がいう「一般的」を信じても当然暮らしづらくなると思います。建売住宅であっても、注文住宅であっても、まずはキチンと自分達の生活スタイルや事情を親身に聞いて、その中で予算などに応じ最適なモノを提案してくれるメーカーを時間をかけて探すことが大事です。タイミングによっては忙いで家づくりをしている方もいるかもしれませんが、人生の大きな買い物が満足いくものになるよう、さまざま情報を集めていくことが大事です。

間取りとは住宅・事務所等の建物内を平面で表したものです。さらに基本的には方角もわかるようになっていて、バルコニーの向きなどもわかります。

© Copyright House Making Ideas. All Rights Reserved.